今日は先週金曜日にお邪魔した飛騨高山の山と飛騨産業さん工場見学のことを。たまには本業^_^

たぶん、人生初のかなりの山奥で。この時代にスマホ電波も怪しいほど。高山という地は、日本海側と太平洋側、両方の種類の樹木が豊かに点在しているお陰で、縄文時代から木の目利き⁈上手に木を使いこなす人達が住んでいたそうです。山に向かうバスで伺った興味深いお話の一つ。かなり古くから人が住んでいた遺跡もあるそうで。雨上がり、光り輝く森を見させて頂けました。エネルギーいっぱいな感じだった。

人の手が全く入っていないように見える森も、どこかの時代の人が何かしらの関わったのか、と思うと、自然も昔の人も凄いなあとつくづく感じました。私はバスでサクッと奥まで連れて行ってもらい、見学するだけですが、車も、そもそも道もない時代の人達は、どんな身体能力を持っていたのか、、??

そんな山の恵み盛り沢山な地元野菜モリモリ激ウマココナッツカレーをお昼に頂き(昔の人はココナッツ味付けとか食べてないんだろうなあぁ)午後は、飛騨産業さんのアロマオイル工場見学もさせて頂きました。当店でもこちらのアロマオイルは使用させて頂いております。何せ、車やバイク、何かと機械でテンションが上がるので…写真アップ出来ないもどかしさがある、アロマオイル工場で。普通のアロマオイルは蒸留機で作られるので、工場感は少ないのでしょうが、こちらは、材木としては弱いスギなどを圧縮し、日本に溢れているスギなどの木を木材用に加工する技術と共に作り出されるアロマオイルなので、それはそれは大きな圧縮機がございました。それだけでも嬉しくなるっていう。圧縮や季節、抽出温度などで分けられたオイルの色の違いを見たり、実際の材料や、オイル抽出後の炭に近付いている(肥料などとして利用される)搾りかすを見たり、普段使わせてもらっている物がどう作られているのか、しっかり見れて、本当に楽しい1日でした。

このページらしい事を更に加えると、高山からそのままブラジルコーヒーへ向かい、夜は牧野容也くんのステキなライブまで観たという♪往復200キロちょっと、1人で運転して、クタクタだったけど本当に楽しい1日だったなあぁ…東海北陸道ってあんまり使ったことなくて、空いててとても道のりも楽しかった。特に帰り。行きは雨、トンネル、霧が続いて、2時間ちょっとの運転がかなり疲れるんだと思ったけど、帰りは晴れて、夕暮れ時で、トンネル出ると夕暮れの山景色で楽しかったなあ。

と言うわけで、今週もまだまだ体内に残った森のエネルギーとライブのエネルギーを放出するべく楽しく働いておりますので、ご予約お待ち申し上げます♡

で、物販並ぶ気力なく、通販でいいや、とまだ買っていない牧野くんのリンク(´∀`)

https://music.apple.com/jp/album/city/1691264591